ルミガンを一番お得に通販する方法

ルミガンの効果と副作用

効果と副作用

 

ルミガン、ケアプロストはまつ毛美容液として、まつ毛の増毛・育毛効果が実証されている美容医薬品です。もともとは緑内障治療の点眼医薬品として使用されていましたが、ルミガン、ケアプロストに含まれるビマトプロストという成分が、まつ毛の増毛・育毛効果があるということが判明し、その後、研究・臨床試験が重ねられ、まつ毛の増毛・育毛効果がある美容医薬品として、食品や医薬品の安全性や信頼性、効果などについて厳格な審査を行うアメリカの行政機関であるFDA(アメリカ食品医薬品局)に2001年に認可されました。

 

市販のまつ毛美容液と違い、医薬品であるため、非常に高い効果を発揮します。使い方も非常簡単で、まずメイクや汚れをしっかり落とし、コンタクトなどをつけている場合は外してから、内容液を1日1回、アプリケーター(まつ毛に内容液を塗布するため使い捨てブラシ)に一滴たらし、上まぶた側のまつ毛の付け根にサッと一塗するだけです。たくさんつけても効果が早くなるわけではないので、1日1回1滴(片目分)の用量を守って利用しましょう。

 

アプリケーター(まつ毛に内容液を塗布するための使い捨てブラシ)の代わりに綿棒を代用する方もいるようです。アプリケーターを使うよりも塗布するとき液体が垂れにくくて使いやすいとの声もありますが、薬液が綿の部分にしみこんでしまうので、効率が悪いとも言えます。また、衛生面から、アプリケーターや綿棒は、片目づつそれぞれ新しいものを利用しましょう。

 

副作用としては、ルミガンの安全性に関しては臨床検査で証明されており、まれに「かゆみ」・ 「充血」・「目の乾き」・「まぶたの黒ずみ」・「違和感」などが全体の3.8%に発生したと報告されています。副作用ついては発生頻度は低く、発生した場合も使用を中止すれば改善するものばかりです。

 

また使用に関する注意点としては、以下の通りです。

  • メイク汚れや顔のあぶら汚れをしっかり落としてから使用する。
  • 一回に片目ごとに一滴とする。(一度に大量に塗布することは控えてください。)
  • アプリケーターは片目ごとに使い捨てする
  • 一日一回塗布する。(一日に何度も使用しない。)
  • 下まつ毛には使用しない。(下まつ毛に塗布した場合は眼に浸みこみやすいので)
  • 薬液が乾くまでは眼やまぶたには触れないようにしましょう。
  • 保管は冷暗所(または冷蔵庫)で保管しましょう。
  • 効果を実感できるまでに少し時間がかかります(約2ヵ月目安)

 

 

page top